2011年02月23日

北海道物産展で大人気!「じゃが豚」

北国からの贈り物  北海道物産展で大人気!

佃善「じゃが豚」


訳あり(業務用)】 佃善 「じゃが豚」 1.0kg

北国からの贈り物 《送料無料》 北海道物産展で大人気! 【訳あり(業務用)】 佃善 「じゃが豚」 1.0kg北国からの贈り物 《送料無料》 北海道物産展で大人気!
 【訳あり(業務用)】 佃善 「じゃが豚」 1.0kg


北国からの贈り物
佃善「じゃが豚」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
価格:  ¥ 2,980 《送料無料》

賞味期限: 冷凍1年
送料:    送料無料

posted by カナリヤ at 19:06| Comment(0) | B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

伝統の味鎌倉ハム

鎌倉ハムとは?

1874年(明治7年)、イギリス人技師ウィリアム・カーティスが神奈川県鎌倉郡で畜産業を始め、横浜で外国人相手に販売を行う。1876年(明治10年)上柏尾村の戸塚街道に面した場所に観光ホテル「白馬亭」を開業。敷地内でハム・ソーセージや牛乳、バター、ケチャップなどの製造を行い、主に横浜居留地の外国人向けに販売した。この時点でカーティスは一切の製法を秘密にしており、日本人が工場へ立ち入ることを許さなかった。

1884年(明治17年)に起こった地震の際に工場が出火し、これを近隣住民が消火作業にあたったためその恩義に応えるべく、カーティスは益田直蔵らに製法を伝授。またカーティスの妻かねが奉公人時代に世話になっていた地元の名家・齋藤家の当主齋藤満平(「万三」説あり)にも製法を伝授した。

鎌倉郡発祥のハムなので「鎌倉ハム」と呼称するが、現在の鎌倉市域の発祥ではない。発祥地の現在の住居表示は横浜市戸塚区上柏尾町である。従って、観光地としての「鎌倉」の土産にはあたらず、また特産物でもない。だが名称から鎌倉の産品と見なされ「鎌倉」の土産や贈答品としても用いられている。


百年以上の伝統の味が光る
鎌倉ハム富岡商会の逸品

ラベル:鎌倉ハム
posted by カナリヤ at 19:12| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

たべて美味しい・沖縄あぐーぶた肉


沖縄の銘柄豚沖縄あぐー豚!!

    沖縄あぐーの特徴
  1・うまみ成分が通常の豚の2.5倍
 2・低コレステロール(市販豚の1/4以下)

 3・臭みがなくあくが出にくい

B003X31QMM【送料無料】沖縄あぐー3種のスライスセット
沖縄県

by G-Tools

posted by カナリヤ at 19:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。